Kのつぶやき

2021年6月5日

今日から第73回長崎県高等学校総合体育大会が始まりました。今年の高校総体は、原則無観客ですので、一般の生徒の応援はできません。そこで、教室で自学とリモート配信での試合視聴をしました。また、本校はバスケットボール会場でしたので、男女の試合が行れました。男子は1回戦勝利し、2回戦でシード校との対戦し、敗れました。女子は、シード校で2回戦からの試合となりましたが、接戦をものできず、敗れました。男女とも、精一杯の戦いでしたが、悔しい結果となりました。

2021年6月4日

いよいよ明日から第73回長崎県高等学校総合体育大会が始まります。選手たちは、最終調整の練習を行い、明日からの試合に備えていました。射撃部は小江原射撃場、水泳部は長崎市民プールと本番の会場で公式練習を行いました。選手の皆さん「試合は練習のように、練習は試合のように」どうか、持てる力を十分に発揮してください。

 

2021年6月2日

県高校総体壮行式を行いました。6月5日から『想いを、夢をぶつけろ!この待望の舞台で今』の大会スローガンのもと、第73回長崎県高等学校総合体育大会が始まります。南高からは、14競技に278名の選手が参加します。選手入場、各部からの力強い決意表明、そして団旗授与、選手宣誓、生徒会からの激励などを行いました。私からは、選手に対して次の言葉を贈りました。「試合は、自分が一番上手いと思って、臨め。練習は、自分が一番下手だと思って、取り組め」高校総体まであと3日、新型コロナウィルス感染症対策を忘れずに、最高のコンディションで大会に臨んでください。頑張れ!南高生!

 

2021年6月1日

創立60周年記念スローガンを表した懸垂幕が完成しました。記念体育祭、記念文化祭、記念式典の日付を掲示しています。新型コロナウィルス感染症の影響で、どのような形になるか不安もありますが、60周年記念に相応しい行事を実施したいと思います。

 

2021年5月31日

土、日を利用して、花を植栽しました。中庭には、手作りプランターを設置し、パンジーを植えていますし、ひまわりの種も植え付けています。校内が緑に溢れ、花が咲くことで、心が和むと思います。

 

2021年5月28日

本日から県教育委員会から、新型コロナウィルス感染症対策を踏まえた部活動に関する通知が発出されました。明日から、土曜、日曜などの学校登校日以外の日においても活動が可能になりました。部員たちにとっては、活動時間が増えたことで、県高校総体に向けた練習ができます。残り1週間と限られた時間ですが、有効に使ってほしいと願います。

2021年5月27日

今日、明日と家庭部による運動部に対してのクッキー配付が行われます。例年であれば、県高校総体の激励として、おにぎりの配付が行われますが、新型コロナウィルス感染症対策で、個別にクッキー配付となりました。運動部員たちは、家庭部の激励を受け止め、しっかりと頑張ってください。県高校総体まで、時間は限られていますので、努力あるのみです。

 

2021年5月26日

 

県高校総体ポスター、スローガンの表彰伝達を、スローガンは諫早高校、ポスター図案は佐世保北高校で行いました。「想いを、夢をぶつけろ!待望のこの舞台で今」のスローガンのもと、県内の高校生は、大会に向けて最後の練習に励んでいます。県高校総体にエントリーした全ての選手が、新型コロナウィルス感染症対策をしっかりと行い、大会に参加してくれることを願っています。

 

2021年5月25日

昨日のことになりますが、NHK杯高校野球長崎地区大会が行われました。雨の影響で、試合開始が遅れ、17時過ぎに始まり、終了したのが20時を回っていたそうです。結果は、残念ながら、5対6のサヨナラ負けでした。非常に悔いが残る試合であったと聞いています。米国のバスケットボールコーチの言葉を紹介します。「誰もが勝ちたいという気持ちはある。しかし、勝つために本物の努力が、できる選手は少ない」結果よりプロセス、努力を惜しまないでください。県高校総体も同様です。

2021年5月24日

卒業生である山崎有紀さん(51回生)が、陸上競技女子7種競技で、17年ぶりに日本記録を塗りかえました。今後行われる日本選手権では、4連覇が懸かりますが、是非頑張ってください。後輩である陸上部も、県高校総体に向けて弾みがついたことだと思います。