新着情報

トピックス

創立60周年記念体育祭

9月15日(水)、創立60周年記念体育祭(第61回体育祭)を行いました。
テーマ : 感歴~BEYOND THE SCENE~
新型コロナウィルスの影響で、短縮プログラム・無観客での開催となりましたが、自校体操、60m走、学級対抗リレー、ブロック対校リレー、南高体操、南高カーニバルと全ての競技に全力で取り組む南高生の姿が印象的でした。閉会式では、創立60周年を記念して全校生徒で人文字を作りました。また、今年還暦を迎えられる後藤校長先生に生徒から記念品が贈られました。
様々な制限がある中、実行委員やブロック役員を中心に生徒一丸となって素晴らしい体育祭を作り上げてくれました。生徒のみなさんお疲れ様でした。

選手宣誓

  自校体操 60m走

学級対抗リレー 南高体操 南高体操

カーニバル(Bブロック) カーニバル(Bブロック) カーニバル(Aクロック)

カーニバル(Aブロック)

  カーニバル(Cブロック) カーニバル(Cブロック)

表彰 人文字 校長先生へ記念品贈呈

 

 

 

【新聞部】全国高等学校総合文化祭新聞部門(その2) 交流新聞作成

全国高校新聞紙面審査の表彰式が終わると、いよいよ大会の中心行事の「交流新聞作成」です。異なる都道府県の新聞部員6名から構成される班で和歌山市周辺の様々な産業・史跡・大学・文化施設などを取材し、手書きの新聞を協力して作成するという研修です。初対面の生徒どうしが取材内容や編集方針を話し合い、協力して取材活動を行い、新聞を作り上げます。手書き新聞はパソコン編集と異なり、事前に記事の字数・行数や写真・見出しの範囲をきちんと決めておかなくてはならす、高度な編集技術が要求されます。原稿作成は時間との戦いなので参加した新聞部員は夕食後もホテルで夜遅くまで原稿作成に取り組んでいました。翌日、持ち帰った原稿を組み合わせて無事新聞は完成することができました。【交流新聞の取材先の紹介】1804年に世界で最初に全身麻酔による乳がん手術に成功した華岡清洲の病院兼自宅交流新聞作成のようす参加校の新聞の展示コーナー

【新聞部】全国高等学校総合文化祭新聞部門(その1) 全国高校新聞紙面審査で優秀賞

8月4日から6日にかけて和歌山市で全国高等学校総合文化祭新聞部門大会が開催され、本校新聞部を代表して3名の生徒が参加しました。全国高等学校総合文化祭とは運動部のインターハイに相当する大会です。新聞部門は大きく分けると①全国高校新聞年間紙面審査の最終審査の発表式②生徒研修会(交流新聞作成)③参加校の新聞の展示という3つの行事があります。

全国高校新聞紙面審査で「優秀賞」を受賞しました。優秀賞は最高賞の最優秀賞に次ぐ賞であり、本校新聞部としては初めての受賞です。

全国高校新聞年鑑紙面審査は令和元年11月から令和2年10月までの1年間に作成された全て学校新聞が対象で、令和2年12月に一次審査の発表があり、全国総文の中で最終審査の結果発表と表彰が行われます(全国総文で作った新聞を審査するわけではありません)。

最優秀賞・優秀賞の受賞校は以下のとおりです。

【最優秀賞】崇徳(広島)▽彦根東(滋賀)▽虎姫(滋賀)▽韮山(静岡)▽向上(神奈川)【優秀賞】長崎南(長崎)▽長野(長野)▽金沢泉丘(石川)▽錦城(東京)▽郡山北工(福島)▽金足農(秋田)▽帯広柏葉(北海道)

本校の場合、新型コロナウイルス感染拡大についての特集や戦後75年間関連の特集(戦争を語り継く)、新聞部と放送部の共同企画、南北交流戦(高総体の代替大会)のシリーズが評価れました。

全国高校新聞紙面審査の表彰式

体育・スポーツ 【野球部】校外練習(長崎県営野球場)

 8月に入ってから雨が続き、思うような練習ができませんが、二日間長崎県営野球場のブルペンをお借りして

練習することができました。予約していた他校のご厚意で使用することができ、ありがたく感じています。

 投手陣はピッチング、野手陣はバッティングを中心に体を動かすことができました。まだまだ雨が続きそうで、

新人戦の日程にも影響が出そうですが、新人戦、秋の大会に向けてできることをやっていこうと思います。

 新人戦の予定は8月17日に対馬高校、18日に長崎鶴洋・西彼杵高校(連合チーム)、20日に長崎明誠高校と

いずれも長崎県営野球場で対戦します。

 

【射撃部】男子団体全国優勝!! 令和3年度第59回全国高等学校ライフル射撃競技選手権大会

昨日に引き続き、全国大会二日目の8月9日(月)はビームライフル男子個人戦及び団体戦が行われました。

以下結果です。

団体戦 優勝 1241.0点(平、中川、森)

個人戦 4位 森 涼太  205.5点(ファイナル)

    9位 平 和寿  412.4点(本選)(以上157人中)

お疲れさまでした。応援ありがとうございました。