【お知らせ】SSH成果発表会を開催します
日時  令和4年7月13日(水)10:15~15:50
会場  長崎ブリックホール 長崎市茂里町2-38
日程  1.開会行事            10:15~10:25
    2.生徒課題研究口頭発表      10:30~11:05
    3.SSH特別講演          11:15~12:30
      講演者 森内治幸 氏
          長崎大学病院小児科医師
          長崎大学大学院医歯薬総合研究科教授
      演 題 『心と生命(いのち)の科学、科学する心』
    4.生徒課題研究ポスターセッション 13:25~15:20
      3年生による課題研究発表
      SSH科学部による研究発表
    5.閉会行事            15:30~15:50
   〔※SSH事業報告会(外部教職員対象)  9:30~10:00〕

長崎南第2期SSH活動.pdf    SSHキャリアノートM-STEP.pdf

学校設定科目「総合環境科学」小冊子生物の進化(HP用抜粋).pdf


 

平成25年度1期1年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成26年度1期2年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成27年度1期3年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成28年度1期4年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成29年度1期5年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成30年度2期1年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

令和元年度2期2年次  SSH研究開発実施報告書.pdf 

令和2年度2期3年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

令和3年度2期4年次   SSH研究開発実施報告書.pdf

最新の研究開発実施報告書.pdf  

本校SSHの事業内容・開発教材に関するお問い合わせ

       SSH活動の成果 を紹介します<2019.12.19>.pdf

  令和2年度未来デザインスクール<2020.10.30>.pdf

  令和3年度未来デザインスクールの開催について.pdf

   令和3年度未来デザインスクールを開催しました

ブログ

SSH活動情報

理科・実験 SSHトレーニングⅡ 課題研究

2年生は、SSHトレーニングⅡ(週2時間)で課題研究に取り組んでいます。
1年次に班編成・テーマ決めを行い、それぞれの課題に対して様々なアプローチで研究を行っています。まずは11月に予定されている中間発表会に向けて、データ収集に取り組んでいるところです。

 

 

グループ SSHトレーニングⅠ 協働的学習者育成プログラム~合意形成編~

 先週に引き続き6月1日(水)に「協働的学習者育成プログラム」の合意形成編を実施しました。

 社会で求められている「仕事におけるコミュニケーション能力」育成のため、協働して学習に臨むことを目的に、合意形成する力の育成をはかりました。各グループが合意形成のポイントである意見の根拠を引き出すことや条件に優先順位をつけることを意識しながら活動を行うことができました。その後、メンバーと協働して意思決定の理由を発表できました。

 今後の生徒の学習や活動等に、主体的学習者・協働的学習者育成プログラムで培った力が発揮されるようにSSHの取組を進めていきます。

 

 

 

グループ SSHトレーニングⅠ 協働的学習者育成プログラム~情報共有編~

産業能率大学による「探究学習加速プログラム」にもとづいた協働的学習者育成プログラム①を実施しました。

仕事におけるコミュニケーション能力を身につけるために、グループで情報や考えを共有してもらいました。各グループ、付箋に書いた情報を正確に伝えあいながら、適切なタイミングで発信できていました。

次回、6月1日(水)はプログラム②を実施予定です。今回まとめた内容をもとに「合意形成」をしていきます。

 

 

 

! SSHトレーニングⅠ 主体的学習者育成プログラム~問題解決編~

5月20日(金)、1年生のSトレにおいて、主体的学習者育成プログラム(問題解決編)を行いました。

今回は、問題に対して「解釈」し、「発想」することを目的としたものになります。

最初に問題解決のアイデアを考えるウォーミングアップを2問行いましたが、各グループ積極的に意見を出していました。

そして、2問の解決策の共通点として、「人々の困りごと」を発見し、解決案を提示するという流れを学びました。

その後、ワーキングマザーの動画を視聴し、その中で積極的に問題点を考えていき、解決案まで考えました。

今回はお互いに発表を行いましたが、各班積極的に発言を行っている姿が印象的でした。

今後も生徒が主体的に動けるような活動を進めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

虫眼鏡 SSHトレーニングⅠ 主体的学習者育成プログラム~問題発見編~

令和4年5月13日、1年生のSトレにおいて、主体的学習者育成プログラム(問題発見編)を行った。

今回のテーマは、食生活に関する問題点。各グループで積極的に意見を出し合いながら話し合いができた。

手法としてはジグソー法。それぞれが各専門家となり、その専門分野の視点で意見を出し合った。

そして同じ目線の専門家どうしで意見を出し合った後、もとのグループで共有するという形をとった。

全体として活発な意見が出し合えており、積極的に発表する生徒も多くいたことから、例年と比べても積極的な活動が行えたと思う。

今後も生徒が主体的に動けるような活動をしていきたい。

 

 

 

 

会議・研修 未来デザインフェア

 12月19日(日)、県内SSH校生徒による合同研究発表会「未来デザインイノベーションフェア」が、長崎南高校で開催されました。県内のSSH校、WWL校から生徒46名、全17グループが、それぞれの研究成果をもちより、相互発表と質疑応答による交流を深めました。本校からは2年生15名、5グループの課題研究班が参加しました。
 新型コロナの影響により、なかなか他校の生徒と交流する機会も少ない現在、様々な分野の研究発表を観たり、質問を受けたりすることで、自らの研究内容を見直したり、新しい観点を得る良い機会となりました。
 会の最後には長崎総合科学大学大学院基礎科学部門の大山健先生、長崎大学大学院工学研究科兵頭健生先生による研究紹介もあり、先端分野の研究について理解を深めました。

【生徒の感想から】
〇面白い研究ばかりですごいと思いました。どの研究も社会の役に立とうという目的がしっかりあって興味深かったです。
〇他の高校の研究などをたくさん見ることができました。また、大きな大会に出場するような研究を聴けたこともとても良い機会でした。今回聞いたたくさんの研究から参考になることも多く、今後の研究に活かしたいと思います。
〇自分たちが思いつかないような、研究についてのアドバイスをもらえました。法律に触れることで、もっと内容が深まると指摘されたので、次はそこに手を付けてみようと思います。

会議・研修 課題研究中間発表会(SSHトレーニングⅡ)

11月16日(火)に「課題研究中間発表会」を実施しました。2年生全員が65班に分かれ、4月からずっと続けてきた課題研究の進捗状況や途中経過について、パワーポイントで8枚のスライドを作成し、2枚のポスターに印刷し、外部の先生方(審査員)や本校教員・生徒(1年生)に向けてプレゼンテーションを行いました。閲覧者側からは、様々な質疑や今後に向けての貴重な助言をいただき、研究の仕上げという次の段階へ向けて、有意義な機会が得られました。また、どの生徒も、7月に渡された一人一台端末のタブレットPCを積極的に活用しながら、準備・発表に取り組み、ICTリテラシーも高められました。

長崎県科学研究発表大会

11月6日(土)、平戸文化センターで「令和3年度長崎県高等学校総合文化祭 第27回科学研究発表大会」が行われました。本校からは科学部の3班が総合部門に出場し、2班が優秀賞を受賞しました。

 ※ コオロギはデリシャス!? ~食用コオロギ養殖への挑戦~

 ※ 廃油から作るecoロウソク ~色と形状の燃え方の比較~ 総合部門 優秀賞

 ※ フリッキングの再現実験 ~単一極べん毛細菌の運動メカニズム解明に向けて~ 総合部門 優秀賞

会議・研修 未来デザインスクール~対話による主体的な学びの構築~

10月29日(金)、1・2年生を対象に未来デザインスクールを開催しました。
産学官の先駆的な研究・取組を、ポスターセッションの視聴や講師との対話を通して学び、社会への科学の貢献について理解を深めること、各分野の社会問題解決への取組を知り、課題研究の参考とすることを目的としています。
昨年度はオンラインでの開催でしたが、今年は27大学、5企業、9官公庁 (全42ブース)にご協力いただき、感染症対策に注意しながら対面で開催することができました。
生徒は、各ブースを回って話を聞き、積極的に質問するなど講師の先生とのやり取りを楽しんでいました。1年生はこれからの課題研究のテーマ設定や進路選択に、2年生は現在進めている課題研究の参考になったようです。

会議・研修 『夢開発セミナー』 企業・研究センター訪問研修

10月8日(金)、1年生を対象に『夢開発セミナー』を実施しました。生徒は、希望の研修先に分かれて研究施設を訪問し、講義や実習、見学を行いました。メモをとりながら真剣に説明を聞き、質問をすることで、先進的な研究や技術について理解を深めることができました。これから進路選択や、課題研究のテーマ設定をする上での貴重な経験となりました。

【目的】
・地元企業や研究所を訪問して先進的な化学技術を学び、SSHの課題研究テーマ設定の一助とすること
・文理協働の社会活動を学び、将来のイノベーターやグローカルリーダーとして社会貢献する志を育成すること

【研修先】
・島原半島ジオパーク協議会(島原市)
・長崎県農林技術開発センター(諫早市)
・国立研究開発法人水産研究・教育機構(長崎市)
・長崎県工業技術センター(大村市)
・SONYセミコンダクタマニュファクチャリング(オンライン研修)