長崎南第2期SSH活動.pdf   

学校設定科目「総合環境科学」小冊子生物の進化(HP用抜粋).pdf


 

平成25年度1期1年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成26年度1期2年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成27年度1期3年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成28年度1期4年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成29年度1期5年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

平成30年度2期1年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

令和元年度2期2年次  SSH研究開発実施報告書.pdf 

令和2年度2期3年次  SSH研究開発実施報告書.pdf

令和3年度2期4年次   SSH研究開発実施報告書.pdf

最新の研究開発実施報告書.pdf  

本校SSHの事業内容・開発教材に関するお問い合わせ

M-STEP 分冊版(表紙・目次・はじめに).pdf

M-STEP 分冊版(STEP1).pdf

M-STEP 分冊版(STEP2).pdf

M-STEP 分冊版(STEP3).pdf

M-STEP 分冊版(STEP4).pdf

 

学校設定科目「総合環境科学」で活用したワークシート(WS)

SES2 WS.pdf

SES3 WS.pdf

課題発見 RQ・仮説設定WS.pdf

探究活動 WS(実験方法を考える).pdf

       SSH活動の成果 を紹介します<2019.12.19>.pdf

  令和2年度未来デザインスクール<2020.10.30>.pdf

   令和3年度未来デザインスクールを開催しました

    令和4年度未来デザインスクールについて.pdf

ブログ

SSH活動情報

SSHトレーニングⅡ 課題研究中間発表会

11月15日(火)、2年生全員が取り組んでいる課題研究の中間発表会を行いました。
それぞれの研究テーマに対する仮説とその検証方法、現時点で得られているデータを含む進捗状況などを、審査員と1年生に向けてポスターセッションしました。質疑応答を通してたくさんの気づきを得ることができました。また、審査員の先生方からは新しい視点や専門的なアドバイスをいただくことができました。今回の発表会で得られたことを活かして、これからの研究がさらに充実したものになるように努力していきます。
1年生は、先輩たちの発表を真剣な表情で聞いていました。難しい内容もありましたが、自分たちが2年生で取り組む課題研究に向けて良い刺激になったようです。

 

 

会議・研修 未来デザインスクール

10月28日(金)、1・2年生を対象に未来デザインスクールを開催しました。大学や企業の先駆的な研究・取組を講師とのポスターセッションと対話を通して学び、社会への科学の貢献について理解を深めることを目的としています。
今年度は、大学から28ブース・企業から11ブース・官公庁から11ブースを出していただき、合計50個のブースを設けることができました。生徒たちは、それぞれの興味関心のあるブースへ行き、講師の先生の話を聞きました。専門的な内容で難しい部分もありましたが、先生に丁寧に説明していただいたり、質問をしたりして理解を深めました。
各分野の研究や社会問題解決への取組を知ることで、生徒たちの視野が広がったことと思います。また、1年生はこれからの課題研究のテーマ設定に向けて、2年生は現在進めている課題研究について、新たな気づきを得ることができました。
ご参加いただいた講師の先生方、貴重な機会をありがとうございました。

 

 

 

会議・研修 SSHトレーニングⅠ 企業・研究センター訪問研修

10月14日(金)、SSHトレーニングⅠで企業・研究センター訪問を行いました。
1年生は、10か所の企業・研究所から希望の研修先を選んで訪問し、講義や施設見学、実習を受けました。生徒たちはメモを取ったり、タブレットで写真を撮ったりしながら、興味深そうに熱心に研修に参加していました。

ペンギン水族館 環境保健研究センター 恐竜博物館

工業技術センター 扇精光ソリューションズ 農林技術センター

[生徒の感想]

◆今回、環境保健センターに行ってみて、研究を成功させるためには、1つ1つの道すじを丁寧に立てて研究を行うことが大切だと思いました。私は、放射線に関する体験をさせていただいた中で、内容が難しかったことろがあっても、進路に関わる内容だったので、意欲的に参加し、学ぶことができました。興味のあるテーマを見つけて、SSHの活動に取り組んでいきたいと思います。(環境保健研究センター:Kさん)

◆現代の農業は私の想像をはるかに超えるハイテクさだった。果物をはさむと大きさや重さが分かる機械や、ドローンを使った農薬の散布など、農家や研究者の方々の工夫や努力の結晶を見ることができた。ただ、継承者不足という大きな壁に立ち向かっていて深刻さを身にしみて感じた。(農林技術開発センター:Hさん)

◆長崎新聞社では、記者60人、総勢約100人の方が働いていました。デジタル部や運動部など13の支局で構成されていて、たくさんの人が自身の特色を活かして一枚の新聞を作り上げていました。現代社会の課題である「若者の新聞離れ」を改善すべくLINEでのアンケートやwebニュースなど様々な場面で工夫されていることを知り、1889年以来、県内シェアNo1の理由に迫ることができました。(長崎新聞社:Dさん)

◆島原の火山を初めて見て、とても大きいと思ったし、自然は怖いなと思いました。地層を見てどの時期に噴火したのか、どの方向から火山灰が降ってきたのかが分かることを知り驚きました。「デイサイト」という石は、他の石と違い、ゴツゴツしていて中にキラキラとしたものがたくさん入っていました。また、砂防ダムの堤防がとも特徴的で、水害を防ぐための技術が素晴らしいなと感じました。(島原半島ジオパーク:Mさん)  

[訪問研修先一覧]

・長崎県窯業技術センター
 (新材料や廃棄物の再資源化などの研究開発、陶磁器産業支援の基盤技術などを紹介)
・島原半島ジオパーク
 (雲仙普賢岳噴火災害の脅威を学ぶとともに、災害から復興を遂げた経験や教訓を学ぶ)
・長崎県工業技術センター
 (地域産業の技術開発支援機関として、技術相談や研究・試験等を実施)
・長崎県環境保健研究センター
 (研究ゾーンの施設見学に加え、気候変動適応に関する講義やマイクロプラスチックの検査体験等)
・長崎県農林技術開発センター
 (果樹栽培におけるスマート農業の取り組みについて紹介・実演・体験)
・長崎市恐竜博物館
 (館内を回りながら博物館の学芸員の仕事を紹介)
・扇精光ソリューションズ株式会社
 (車両位置情報システムをはじめ、ICTの商品開発を行い、地域経済や防災に寄与)
・長崎ペンギン水族館
 (ペンギンや魚類等の生態の研究と公開を行っている。バックヤードでの見学・説明を受ける)
・株式会社ウラノ
 (航空機やロケットの部品など金属加工製品の提供をはじめ、食用コオロギへの挑戦を行っている)
・株式会社長崎新聞社
 (新聞記事を作成するところから相手に伝わりやすい記事をつくるためにどうするか講演)

会議・研修 SSH全国生徒研究発表会

 8月3、4日、神戸市の国際展示場で開催された、SSH全国生徒研究発表会に参加してきました。この発表会は、全国200以上のSSH指定校から、代表生徒が集まり互いの研究を披露し合う大会です。本校からは、細菌の「フリッキング」というベン毛運動の研究を行った班から3名が参加しました。課題研究に取り組む全国の高校生と、互いに対話や質疑を通して交流を深めるとともに、科学の各分野様々な研究内容に触れ、研究の手法や考察の進め方等について多くの刺激を得るとともに、自分たちの研究の不十分なところにもたくさん気付くことができました。

 

会議・研修 SSH成果発表会

スーパーサイエンスハイスクール成果発表会を開催しました。

日時  令和4年7月13日(水)10:15~15:50
会場  長崎ブリックホール 長崎市茂里町2-38
日程  1.開会行事            10:15~10:25
    2.生徒課題研究口頭発表      10:30~11:05
    3.SSH特別講演          11:15~12:30
      講演者 森内浩幸 氏
          長崎大学病院小児科医師
          長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授
      演 題 『心と生命(いのち)の科学、科学する心』
    4.生徒課題研究ポスターセッション 13:25~15:20
      3年生による課題研究発表
      SSH科学部による研究発表
    5.閉会行事            15:30~15:50
   〔※SSH事業報告会(外部教職員対象)  9:30~10:00〕

生徒課題研究口頭発表では、
「食用コオロギへの挑戦」
  浦川颯史・三浦功太郎・貞松大介・千々岩源紀
「LGBTQ+への理解向上に向けた挑戦」
  川中萌花・山田彩響・相浦凪彩
「細菌の遊泳運動におけるフリッキング現象とフックの関係性」
  吉澤恒太・浦里珠羅・狩野遥斗・濵松篤洋
の3班が3年生を代表してステージ発表を行いました。
特別講演では、長崎大学病院の森内浩幸先生から、小児科医としての経験やこれまでの研究活動について分かりやすく説明していただきました。森内先生は本校の卒業生です。世界で活躍されているOBの方の貴重なお話を聞くことができ、生徒にとって大きな刺激となりました。
 生徒課題研究ポスターセッションでは、3年生65班、2年生科学部2班、計67班がポスター発表を行いました。1・2年生や大学の先生、他校の先生方に向けて、これまでの研究成果をプレゼンテーションしました。3年生は今回の発表を踏まえ、これから報告書の作成など課題研究の総仕上げに入っていきます。
発表した生徒のみなさん、お疲れ様でした。

 

 

 

  

理科・実験 SSHトレーニングⅡ 課題研究

2年生は、SSHトレーニングⅡ(週2時間)で課題研究に取り組んでいます。
1年次に班編成・テーマ決めを行い、それぞれの課題に対して様々なアプローチで研究を行っています。まずは11月に予定されている中間発表会に向けて、データ収集に取り組んでいるところです。

 

 

グループ SSHトレーニングⅠ 協働的学習者育成プログラム~合意形成編~

 先週に引き続き6月1日(水)に「協働的学習者育成プログラム」の合意形成編を実施しました。

 社会で求められている「仕事におけるコミュニケーション能力」育成のため、協働して学習に臨むことを目的に、合意形成する力の育成をはかりました。各グループが合意形成のポイントである意見の根拠を引き出すことや条件に優先順位をつけることを意識しながら活動を行うことができました。その後、メンバーと協働して意思決定の理由を発表できました。

 今後の生徒の学習や活動等に、主体的学習者・協働的学習者育成プログラムで培った力が発揮されるようにSSHの取組を進めていきます。

 

 

 

グループ SSHトレーニングⅠ 協働的学習者育成プログラム~情報共有編~

産業能率大学による「探究学習加速プログラム」にもとづいた協働的学習者育成プログラム①を実施しました。

仕事におけるコミュニケーション能力を身につけるために、グループで情報や考えを共有してもらいました。各グループ、付箋に書いた情報を正確に伝えあいながら、適切なタイミングで発信できていました。

次回、6月1日(水)はプログラム②を実施予定です。今回まとめた内容をもとに「合意形成」をしていきます。

 

 

 

! SSHトレーニングⅠ 主体的学習者育成プログラム~問題解決編~

5月20日(金)、1年生のSトレにおいて、主体的学習者育成プログラム(問題解決編)を行いました。

今回は、問題に対して「解釈」し、「発想」することを目的としたものになります。

最初に問題解決のアイデアを考えるウォーミングアップを2問行いましたが、各グループ積極的に意見を出していました。

そして、2問の解決策の共通点として、「人々の困りごと」を発見し、解決案を提示するという流れを学びました。

その後、ワーキングマザーの動画を視聴し、その中で積極的に問題点を考えていき、解決案まで考えました。

今回はお互いに発表を行いましたが、各班積極的に発言を行っている姿が印象的でした。

今後も生徒が主体的に動けるような活動を進めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

虫眼鏡 SSHトレーニングⅠ 主体的学習者育成プログラム~問題発見編~

令和4年5月13日、1年生のSトレにおいて、主体的学習者育成プログラム(問題発見編)を行った。

今回のテーマは、食生活に関する問題点。各グループで積極的に意見を出し合いながら話し合いができた。

手法としてはジグソー法。それぞれが各専門家となり、その専門分野の視点で意見を出し合った。

そして同じ目線の専門家どうしで意見を出し合った後、もとのグループで共有するという形をとった。

全体として活発な意見が出し合えており、積極的に発表する生徒も多くいたことから、例年と比べても積極的な活動が行えたと思う。

今後も生徒が主体的に動けるような活動をしていきたい。