校長挨拶

 長崎県立長崎南高等学校は、昭和36年に全日制普通科高等学校として開校し、来年度に創立60周年を迎えます。「気魄と情熱」の校訓の下、心身共に健康で気魄と情熱に燃え、自らの課題に主体的に取り組むことができる人間の育成を目指しています。学習と部活動の両立を追求し、知性のみならず人間性を高めるために様々な教育活動を行っています。本校が求める生徒像は、「青白き英才ではなく、逞しく実力を備えた、明朗で若さに溢れ、社会の幸福のためには自分がなくてはならないという気魄と情熱に充ちた生徒」であり、これは本校創立時に初代校長が示されて以来ずっと変わっていません。

 昭和から平成そして令和となり、新しい時代に即した高等学校として、一意学問に精進する態度、知性と実践力、積極・創造の気概、自主・自律の生活態度を培います。また、部活動を通して明るく、たくましい心身や情操と連帯感を養い、奉仕する心の育成を教育方針として掲げ、全ての教育活動を全職員が一丸となって取り組んでまいります。

 本校は平成25年度からスーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)の指定を受けており、現在8年目を迎えていますが、全校生徒が取り組む課題研究をはじめとして、様々な活動が年々充実してきています。引き続きSSHの取組の深化を図るとともに、学習と部活動の両立等によって生徒達の人間性を向上させていきたいと思っています。

 最後になりますが、この4月に赴任したばかりではありますが、誰にも負けない情熱と愛情をもって、職員とともに生徒を育てていきたいと思います。そして、先輩諸氏が築き上げた輝かしい伝統を引き継ぎながら、新たな長崎南高校づくりへと、一歩を踏み出していきますので、本校教育活動へのご支援・ご協力を、宜しくお願いいたします。

長崎南高等学校 校長 後藤慶太

校訓・校是

校訓

「気魄と情熱」

◎理想は高く、気魄と情熱に燃えよ

◎自主自律、一意学道に精進せよ

◎健康で明朗、品位ある学徒たれ

◎親和と友愛に充ち、礼節を重んぜよ

校是

「学習と部活動の両立」

スローガン

「夢をいだいて 羽ばたく 長崎南 ~人間力と学力の伸長~」

 

 

 

教育課程