トピックス

お祝い 【陸上部】令和4年度長崎県高等学校新人体育大会 結果

9月16,17,20日に諫早市で県新人戦が実施されました。

3位までの入賞者は、10月14日~佐賀市で開催される九州新人大会の出場権を獲得しました。

 

今年県内での大会は最後となりました。(駅伝を除く)

来春、大きな花を咲かせるため、今年度見つけた課題と向き合い、長くて厳しい冬期練習に励みます。

10月に上位大会がある選手は、九州、全国上位入賞を目指します!!

 

決勝進出者は以下のとおり(九州新人大会出場は3位まで)

長崎南全成績はコチラ⇒https://jaaf-nagasaki.net/result/2022/22421003/syozoku06.htm#S423056

【女子】

200m 1位 松元華楽(2年)

400m 2位 松元華楽(2年)

400mハードル 4位 島田美花(1年)

円盤投  1位 草野美夕(2年)

砲丸投  3位 草野美夕(2年)

やり投  7位 川原彩(2年)

4×100mR 3位 菊地陽帆(2年)松元華楽(2年)原紗彩(1年)鳥越妃乃(2年)

4×400mR 3位 原紗彩(1年)松元華楽(2年)菊地陽帆(2年)鳥越妃乃(2年)

【 男子】

100m 2位 達木英弥(2年)

200m 1位 達木英弥(2年)

400m 2位 植松康太(2年)

     4位 橋本陸央(2年)

800m 7位 小林駿之介(1年)

走高跳  6位 小野晃正(2年)

     7位 松添大晋(1年)

やり投  5位 本村颯馬(2年)

     7位 永松美斗(2年)

4×100mR 1位 橋本龍太(1年)橋本陸央(2年)植松康太(2年)達木英弥(2年)

4×400mR 1位 橋本陸央(2年)橋本龍太(1年)近藤庵慈(1年)植松康太(2年)大会新記録王冠

 

 

 

 

 

嵐 台風11号への対応について

 非常に強い台風11号が接近し、9月5日(月)夕刻から6日(火)にかけて長崎県に最接近する見込みです。

 ついては、生徒の安全を第一に考え、9月6日(火)を臨時休業としたします。

 各家庭におかれましては、災害対策を十分に行い、命を守る行動をしていただきますようお願いします。また、台風通過後は十分に安全確認を行い、けがや家屋等の被害があった場合、その状況等をご連絡ください。

 ※保護者の皆様は、詳細をメールメイトでご確認ください。

イベント 第62回体育祭について

本日の体育祭は、予定通り開催いたします。

動画の配信については、10:00頃より随時、メールメイトでURLをお知らせいたします。

※プログラムの進行状況により、多少遅れる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

体育・スポーツ 【野球部】練習試合

 9月1日(木:体育祭振替休日)にかきどまり野球場で川棚高校と練習試合を行いました。

 結果は2敗でしたが、2試合とも2点差以内の試合をすることができました。2試合とも先制され点差を離され

ながらも点を取り返して一度は同点に追いつく展開となり、粘り強く戦うことはできました。1年生が多く、

まだまだ未熟なチームですが、チーム全体でどんな展開でも良い雰囲気で戦えている結果だと考えています。

 投手陣では熊川、宮本、関の1年生が1試合ごとに成長を見せてくれています。野手では平野(2年)、井上(2年)に

三塁打が出るなど、少し調子が上がってきていると感じます。また、大木(1年)や松竹(1年)など、まだ試合経験が

少ない1年生にもヒットが出ました。

 台風の動きが気になりますが、今後も試合を重ねて秋の大会に臨みたいと考えています。

体育・スポーツ 【野球部】練習試合

 8月27日(土)に諫早高校と練習試合を行い、1勝1敗でした。

 新チームに入り、なかなかチーム全体の調子が上がってきていない状況ですが、少しずつ良くなってきている

所も出てきました。投手陣では熊川、宮本、関の1年生3名がまだまだ不安定なところがありますが、一つずつ

課題をクリアして、落ち着いて投げることができるようになってきているようです。

それぞれ楽しみな選手ですから、少しずつ成長していって欲しいと思います。

 野手では井上、久我、平野、植木の2年生に良い当たりが出始めました。しっかり後輩を引っ張っていって

欲しいと思います。攻撃では盗塁、スクイズを絡めながら得点することができました。攻撃の引き出しを

増やしていきたいと思います。

 これから体育祭、文化祭のシーズンに入り、その振替休日の1日、5日、7日にそれぞれかきどまり野球場や

BigNスタジアムをお借りして、練習試合および練習を行う予定にしています。1年生が多く、まだまだ経験不足な

チームですから、少しずつ練習と実戦経験を積ませていきたいと思っています。

 

2学期開始式

2学期の開始式を行いました。
小野下校長先生から「新型コロナウイルスの感染が拡大している中、自分と周りの人を大切にする行動を心がけてください。学びと成長の2学期になるよう、自ら学びたいことを見つけ、オープンマインドで教えて下さい!と素直に言える姿勢を大切にしましょう。」と訓示がありました。

また、夏休み期間中に表彰を受けた生徒の表彰伝達式を行いました。

陸上部
第77回国民体育大会陸上競技長崎県予選会
少年男子A 100M 2位 植松康太 3位 達木英弥
少年男子A 300M 1位 植松康太 3位 橋本陸央
少年男子B 100M 1位 濵村漣大 3位 橋本龍太
少年女子300Mハードル 1位 渡邉陽
少年女子砲丸投 2位 草野美夕

吹奏楽部
第67回長崎県吹奏楽コンクール 高等学校の部 金賞

SSH
令和4年度WWL長崎フォーラム
優秀賞 川中萌花・相浦凪彩・山田彩響

新聞部
第46回全国高等学校総合文化祭 新聞部門 優秀賞
第26回全国高校新聞年間紙面審査賞 優秀賞

放送部
第69回NHK杯全国放送コンテスト ラジオドキュメント 入選

弁論大会
第72回「社会を明るくする運動」長崎地区中学・高校生弁論大会
長崎地区推進委員長賞 田端愛梨
優秀賞 田端愛梨

射撃部
2022年度第60回全国高等学校ライフル射撃競技選手権大会
ビームライフル少年男子立射40発競技 団体
第6位 松尾龍樹・中川優希・森涼太

 
(※開始式・表彰伝達式ともに、放送で行いました。)

平和学習

長崎原爆の日にあわせて、令和4年度平和学習を行いました。
原爆を体験した世代が減少していく中での被爆体験継承をテーマに、2名の方に講話をしていただきました。新型コロナウイルス感染症対策のため、放送室からの音声を教室で聞きながら、各自タブレットで資料や写真を見る形での実施となりました。

講話 「写真で語り継ぐ原爆」
講師 (公財)長崎平和推進協会 写真資料調査部会
    会員 堀田武弘様 草野優介様

草野さんは、昨年度「令和3年度長崎市平和の新しい伝え方応援事業」の一環で取り組まれたフォトグラファー体験について話をしてくださいました。” 被爆者のいまを伝えよう フォトグラファー体験 ”の作品は、7月中旬から本日まで図書館に展示していただきました。

堀田さんは、3歳9か月の時、伊良林町(爆心地から約3.3km)の自宅で被爆されたご家族の体験を話してくださいました。また、貴重な写真をたくさん見せていただき、当時の状況を詳しく知ることができました。

講話終了後は、平和祈念式典のラジオ放送を傾聴し、原爆投下時間の11時2分に全員で黙祷をささげました。
今回の講話をきっかけに、被爆体験の継承・平和実現のために、今できることについて考えてほしいと思います。

 

 

 

 

 

2022年度(第60回)全国高等学校ライフル射撃競技選手権大会の結果

 7月28日(木)・29日(金)の二日間,つつがライフル射撃場(広島県)で行われました。結果は次のとおりです。

【ビームライフル男子 団体】

 第6位 1220.6点  ※優勝校の点数 1227.9点

【ビームライフル女子(40発)個人】156人出場

 池田 咲希 20位 412.9点

【ビームライフル男子(40発)個人】157人出場

 中川 優希 18位 410.4点

 森  涼太 33位 407.6点

 松尾 龍樹 56位 402.6点

 女子で唯一の出場となった池田選手は,公式戦で自己新記録(60発換算:619.4)を出し,手に汗握る試合を見せてくれました。昨年度の同じ大会では388.5点で132位であり,一年間でこれほどの成長を示してくれて,改めておめでとうと言いたいです。緊張する場面でも動揺しない精神の持ち主であると感じました。是非とも,後輩の1・2年生は見習って欲しいです。

 一方,男子は三名とも成績が低迷してしまい,ファイナル進出までには,ほど遠い結果となりました。その中でも1射群目の松尾選手は,かなりの緊張感に襲われたようです。しかしながら,高総体での本校射撃部の快進撃は,キャプテン本人の努力の賜であり,自信を持って今後の高校生活を送ってもらいたいです。中川選手は国体出場が決定しています,森選手はあと一年あります。今回の悔しさを決して忘れず,もう一度基本に返って練習に励んでくれることと思います。

 最後に,本大会出場に関しまして多くの方のご支援を賜りまして感謝申し上げます。

お祝い 【陸上部】第77回国民体育大会長崎県予選会 結果《日本高校タイ記録樹立!!2年 植松康太 男子300m》

7月17~18日に第77回国民体育大会長崎県予選会 がトランスコスモススタジアム長崎(諫早市)にて実施されました。

国体種目のみの大会ではありましたが、自己記録を多くの生徒が更新しました。

なかでも、2年生の植松康太さんが、少年男子A300mにおいて、33秒06の日本高校タイ記録を樹立し、チームを盛り上げてくれました!!

 

各種目のトップ8は下記のとおりです。

本校選手の全成績はコチラ⇒https://jaaf-nagasaki.net/result/2022/22420005/syozoku08.htm#S423038

【少年男子A(高校2,3年生の部)】

100m    2位 植松 康太(2年) 

      3位 達木 英弥(2年)

      4位 高橋 龍之介(3年)

300m  1位 植松 康太(2年) 日本高校タイ記録大会新記録

       3位 橋本 陸央(2年)

       5位 西村 優一朗(3年)

       6位 荒木 椋翔(3年)

走幅跳      7位 栗山 眞幸(2年)

やり投      8位  本村 颯馬(2年)

 

【少年男子B(中学3年生、高校1年生の部)】

100m  1位 濵村 漣大(1年)

      3位 橋本 龍太(1年)

      5位 片岡 佳晃(1年)

走幅跳   8位 松添 大晋(1年)

 

【少年女子A(高校2,3年生の部)】

 100m 5位 松元 華楽(2年)

300mハードル 1位 渡邊 陽(3年)

砲丸投 2位 草野 美夕(2年)

やり投 5位 川原 彩(2年)

 

【少年女子B(中学3年生、高校1年生の部)】

100mハードル 5位 島田 美花(1年)

 

2022年度全日本ライフル射撃競技選手権大会の結果(ビームライフル男子)

ビーム・ライフル男子立射60発競技

第5位 中川 優希(ファイナル:185.2)

第12位 森  涼太(本選:617.5)

 7月17日(日),nexライフル射撃場(宮城県石巻市)で開催された本大会に,上記2名が出場しました。宮城県では歴史的な大雨で,往復ともに交通手段を大幅に変更しての移動でしたが,何とか競技することができました。

 森選手は本選での結果が振るわず,ファイナル進出とはなりませんでした。一方の中川選手は本選記録620.4で,8番手としてファイナル進出することができました。

 第1ステージでは9点代を連発し,早々と敗退するかと思われましたが,第2ステージでは驚異的な追い上げをみせ,最終結果5位となりました。一時,混戦ではありましたが2位まで浮上し,アナウンサーが興奮するほどの得点を連発しました。

 7月28日・29日は,高総体から繋がる全国大会が広島県で開催されます。本大会出場2名以外にも3名がエントリーしています。それに向けて,再調整して頑張っていきたいと思います。

一学期終業式

一学期終業式を行いました。
夏休みを迎える生徒に向けて、
「学び(目標→実践→振り返り→アクション)の夏にしてほしい。3年生は ” 受験勉強の夏 ”、1・2年生は " 頑張りたいことを一生懸命やる夏・自分のやりたいことを模索する夏 ” 。自己コントロールをしっかり行い、健康で有意義な夏にしましょう。」
と校長訓示がありました。
明日から夏季補習が始まります。部活動など忙しい日々が続きますが、普段よりまとまった時間がとれる夏休みです。それぞれが学びを深め、一回り大きく成長した姿で二学期を迎えられるようにしましょう。

 

お知らせ 吹奏楽部壮行式・全国大会壮行式

吹奏楽コンクールに出場する吹奏楽部と、全国大会に出場する選手の壮行式を行いました。

長崎県吹奏楽コンクールは、7月24日(日)に長崎ブリックホールで行われます。
本番で演奏する2曲を全校生徒に向けて演奏してくれました。

 

 

また、夏に行われる全国大会には、陸上部・弓道部・射撃部・水泳部・放送部・新聞部が出場します。
出場する選手はステージ上で紹介をされ、高尾同窓会長様から激励のことばと激励金をいただきました。
南高の代表、長崎県の代表として、全国の舞台で全力を出し切ってきて欲しいと思います。
応援よろしくお願いします。

 

 

 

体育・スポーツ 【野球部】夏の大会 2回戦

 7月13日(水)に長崎県営野球場で長崎総合科学大学附属高校と対戦しました。

 結果は0-7(7回コールド)で敗れました。3回まで0-1で進めていましたが、4回にパスボールから追加点を

奪われた際に投手の柴田(3年)がランナーと接触して肩を負傷してしまいました。その後も投げ続けようと

しましたが、痛みから思うような投球ができず失点を重ね、途中降板となりました。これまで怪我をしながらも

エース、そして主将としてチームを引っ張ってくれていましたので、非常に悔しい降板となりました。試合は

その後井上(2年)が登板しましたが、相手の勢いを止めることができませんでした。

 攻撃は3回に田端(3年)のセンター前ヒットと盗塁でチャンスを作り、原田(3年)がセンター前ヒットを

打ちましたが田端がホームでタッチアウトとなり、同点とすることができませんでした。7回には國竹(3年)が

二塁打を打つなどチャンスを作りましたがここでも得点できず、無得点に終わってしまいました。

 この3年生は投手不足に悩まされた学年でした。外野手志望の柴田に投手を託し、柴田もそれに応えてよく

努力して長崎商業など強豪校とも互角に投げ合えるほど成長してくれました。昨年の夏の大会以降は柴田が故障し、

橋間(3年)や井上が頑張ってくれていましたが練習試合でもなかなか勝つことができず、今年の春以降ようやく

各学校と互角の試合ができるようになるなど、苦しい1年間を送ってきました。それでも3年生13名はみんな

仲が良く誰一人欠けることなく全員で前向きに努力し、それぞれ大きな成長を見せてくれましたし、後輩にも

優しく接し、チーム全体も温かく和気藹々とした雰囲気を作り出してくれました。

 新チームは3年生が作った南高野球部のチームカラーを引き継ぎ、発展させてくれるものと期待しています。

これまで応援いただきありがとうございました。そして新チームもどうぞよろしくお願いいたします。

 最後になりますが、8年間南高野球部の指導をしていただいた濵村監督がこの大会を最後に退任されます。

これまで本当にありがとうございました。

  

 

お祝い 【陸上部】令和4年度 長崎県高等学校陸上競技選手権大会 結果

  令和4年度 長崎県高等学校陸上競技選手権大会が7月9日(土)~10日(日)に佐世保市営陸上競技場で実施されました。

インターハイ前の調整試合ということもあり、インターハイ出場選手は、各自仕上がり具合を確認できました。


【男子】

100m 1位 高橋龍之介
      3位 達木英弥
 

 200m  1位  達木英弥

400m   2位  橋本龍太

やり投    2位  岩永 翔

4×100mリレー Aチーム  1位   達木、植松、濵村、高橋

 4×100mリレー  Bチーム  3位   西村、橋本陸、橋本龍、片岡
 
 4×400mリレー Aチーム  1位    近藤、橋本龍、栗山、植松
4×400mリレー  Bチーム  2位     西村、高橋、小杉、荒木
 
 【女子】

200m  2位   松元華楽

400m  1位   渡邊陽

400mハードル 1位  渡邊陽

砲丸投  2位   草野美夕

円盤投  1位   草野美夕

やり投  3位    川原 彩

4×100mリレー    3位    菊地、松元、原、鳥越

4×400mリレー 2位      原、松元、菊地、鳥越

体育・スポーツ 【野球部】夏の大会1回戦

 7月10日(日)に佐世保野球場で全国高等学校野球選手権長崎県大会の1回戦で佐世保西高校と対戦しました。

結果は17-0の5回コールドで勝つことができました。

 投手は柴田(3年)、橋間(3年)、井上(2年)の3人が投げ、緊張からか立ち上がりは思うような投球ができていません

でしたが、徐々に落ち着いて投げられるようになっていきました。2回戦は緊張も解けてもう少し落ち着いて投げる

ことができることでしょう。

 攻撃でも固さがあり、点は取れましたが、思うような攻撃ができたかと言われればまだまだだったと感じました。

それでも本田(3年)・山口(3年)・原田(3年)・久我(2年)に三塁打が出て、井上(2年)はランニングホームランを

打つなど、良いバッティングも見られたことは、次につながると思います。

 2回戦は13日(水)にビッグNで長崎総合科学大学附属高校と対戦します。次の試合も応援していただいている

方々に良い試合が見せられるよう頑張ります。

 

体育・スポーツ 野球部壮行式

7月7日から始まる全国高等学校野球選手権長崎大会の壮行式を行いました。
長崎南高は、7月10日(日)に佐世保市総合グラウンド野球場で佐世保西高校と戦います。
応援よろしくお願いします。

 

イベント 第1回クラスマッチ

7月6日(水)、第1回クラスマッチを行いました。
バレーボール、バスケットボール、ドッジボール、将棋に分かれてクラス対抗戦を行いました。
夏の暑さにも負けず、どの競技も熱戦が繰り広げられました。
特に決勝リーグは、選手と応援が一丸となって大いに盛り上がりました。
前日の台風による臨時休業のため、急遽一日開催となりましたが、とても楽しい一日でした。
生徒のみなさんお疲れ様でした。

  

  

大雨 7月5日(火)臨時休業のお知らせ

台風4号接近のため、生徒の安全を第一に考え、7月5日(火)は臨時休業とします。 

南高生の皆さんは、各学年(クラス)の方からTeamで課題等の

指示がありますので、タブレットやスマートフォン等で確認してください。

鉛筆 【新聞部】長崎南高新聞(みなみプラス)の記事より

「みなみプラス」は新聞部が発行する長崎南高新聞の校内印刷版です。

新聞部は「災害を語り継ぐ」というシリーズに取り組んでいます。今回は長崎大水害を振り返る企画です。取材活動の様子はNBCの長崎大水害関連の特集番組で取り上げられました。

みなみプラス記事(長崎大水害を振り返る).pdf

 

お祝い 【陸上部】 第75回 全国高等学校陸上競技対校選手権大会 北九州地区予選会 結果

6月16日(木)~19日(日)に、

令和4年度 全九州高等学校体育大会  
秩父宮賜杯 第75回 全国高等学校陸上競技対校選手権大会 北九州地区予選会 が佐賀市で実施されました。  

決勝進出者は以下のとおりです。 ※6位までがインターハイ出場権獲得


【男子】100m    4位 植松 康太 2年   
                                           7位 達木 英弥 2年
    200m    7位 植松 康太 2年
 
    400m               7位  橋本 陸央     2年
    
    4×100mR    2位 (西村優一朗3年、高橋龍之介3年、植松康太2年、達木英弥2年) 
    
    4×400mR    2位 (橋本陸央2年、橋本龍太1年、荒木椋翔3年、植松康太2年) 
 
【女子】400m              3位  渡邊陽      3年 
    
    400mハードル   1位  渡邊陽      3年   
               
    円盤投                  1位  草野美夕   2年 

 女子円盤投男子100m決勝女子400mハードル決勝

 

大雨 6月21日(火)臨時休業のお知らせ

本日の朝、長崎市に土砂災害警戒情報が発令されました。

そのため、生徒の安全を第一に考え、本日は臨時休業とします。

南高生の皆さんは、各学年(クラス)の方からTeamで課題等の

指示がありますので、タブレットやスマートフォン等で確認してください。

鉛筆 【新聞部】長崎南高新聞「みなみプラス」高総体結果号および企画記事(吹奏楽部定期演奏会「マダムバタフライ」)

「みなみプラス」は長崎南高新聞の号外です。

今回は高総体結果号と「マダムバタフライ」の記事をお届けします。

「マダムバタフライ」の「ある晴れた日に」は、高総体総合開会式で演奏される「長崎県スポーツ行進曲」の一節に使用されています。

高総体結果①.pdf

 高総体結果 ②.pdf

マダムバタフライ.pdf

生徒会役員選挙・主権者教育

生徒会役員選挙を行いました。今年度は生徒会長に2名、副会長に3名の立候補がありました。
生徒たちは、校内放送で応援者・立候補者の演説を聞き、1・2年生は各教室で、3年生は選挙会場に見立てた特別教室で投票を行いました。

 

 

体育・スポーツ 【野球部】練習試合(5/28、6/2)

 5月28日(土)に諫早東高校と、6月2日(木、高総体代休)にBigNで長崎北高校、長崎東高校と練習試合を行い、

結果は3勝1分でした。

 全体としては投手陣の四球が減って無駄なランナーを出さず、野手もよく守って安定感が増してきた印象です。

投手の柴田(3年)は2試合合計14イニングを投げて4失点(自責点2)、井上(2年)が2試合合計10イニングで失点0

と夏の大会でも中心になる二人が調子を上げてきているようです。特に井上は春以降投球フォームに関して

試行錯誤を繰り返してる状況ですが、自分なりに少しずつ掴んできているようです。

 バッティングでは國竹(3年)、井上が好調です。また長崎東戦では原田(3年)がセンターオーバーの

スリーベースを打ち、柴田がレフトスタンドにホームランを打ち込みました。長打を打てるこの二人も

何か掴んでくれればと思います。夏の大会まであと1ヶ月となりました。ベストの状態で臨めるよう、

練習と休養のバランスを考えながら過ごしていきたいと思います。

  

  

キラキラ 高総体壮行式

長崎県高等学校総合体育大会の壮行式を行いました。
選手はユニフォーム姿で入場し、各部活動ごとに決意表明を行いました。総合開会式で旗手を務めるラグビー部の吉澤恒太くんに団旗が授与され、選手を代表してハンドボール部主将岩本理緒奈さんが選手宣誓を行いました。
本校からは13競技に285名の選手が出場します。これまでの練習の成果を発揮できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

【総合開会式】
令和4年6月3日(金) 佐世保市総合グラウンド陸上競技場
【競技】
令和4年6月4日(土)~10日(金)

 ※ 各競技で観客制限がございます。詳しくは、高体連ホームページでご確認ください。

  

  

メンタルヘルス講話(1年生)

5月25日(水)1年生を対象に「メンタルヘルス講話」が実施されました。

講師を長崎メンタル株式会社の金原俊輔先生にお願いし、心の健康について必要なことを教えていただきました。

そのなかで、人生を豊かに過ごすためには「真面目さ」と「自制心」が大切だということがわかり、生徒達は手帳にメモをしっかり取っていました。

金原先生のユーモアを交えた優しい語り掛けに、気持ちがほっこりとなり、とても有意義な時間となりました。

 

 

視聴覚 陸上部がTVで紹介されます

5月30日(月)18:30~

NCCのスポコン長崎で、陸上部の植松君が紹介されます。

ぜひご覧ください。

【陸上部】長崎県陸上競技選手権大会 結果

 5月20日(金)~22日(日)の3日間、トランスコスモススタジアム長崎(諫早市)にて、長崎県陸上競技選手権大会が実施されました。一般の選手も出場していますが、高校生にとっては高校総体の前哨戦となる試合のため、現在の調子を確認しながら出場しました。その結果、多くの生徒が自己新記録を更新し、自信をつけることができ、高総体にいい形でつなげることができました。トップ8に入った生徒は以下のとおりです。

男子100m 2位 植松 康太(2年)

   200m 1位 植松 康太(2年)

   400m 8位 橋本 龍太(1年)

   800m 8位 關 誉(3年)

   走幅跳 6位 山口 遥椰(1年)

   やり投 8位 岩永 翔(3年)

4×100mR 1位 西村雄一朗(3年)、達木英弥(2年)、植松康太(2年)、橋本陸央(2年)

女子 200m 5位 川脇 蓮華(3年)

    砲丸投 3位 草野 美夕(2年)

    円盤投 1位 草野 美夕(2年)

4×100mR 6位  原紗彩(1年)、武岡美玖(3年)、鳥越妃乃(2年)、川脇蓮華(3年)

4×400mR 8位  川脇蓮華(3年)、鳥越妃乃(2年)、原紗彩(1年)、坂本さくら(3年)

 

その他の全結果はコチラ→https://jaaf-nagasaki.net/result/2022/22420002/syozoku10.htm#S423059

体育・スポーツ 【野球部】NHK杯 報告

 21日(土)にNHK杯長崎地区予選の2回戦で長崎商業高校と戦いました。7回まで1-3で試合を進める

ことができていましたが、終盤に追加点を奪われ、1-6で敗れました。

 投手の柴田(3年)は初回に2点を取られたものの打たせて取るピッチングで長崎商業打線を粘り強く抑え、

ショートの田川(2年)が難しい打球も含めて10個近くのアウトを取るなど、バックも粘り強く守ることが

できました。打線では田端(3年)の内野安打、盗塁から原田(3年)のバスターからのタイムリーで点を取り、

これまで取り組んできた形で点を取ることができました。8回には1アウト満塁の場面をつくるなど、チャンスも

つくることができましたが、もう一歩のところで及びませんでした。

 長崎商業高校相手に良いゲームができたとは思いますが、それで満足せず、点を取ることを夏までの課題として

練習していきたいと思います。応援ありがとうございました。

体育・スポーツ 【野球部】練習試合

 5月15日(日)に鎮西学院高校と再会学園高校と練習試合を行いました。結果は1勝1敗でした。

 鎮西学院戦は投手柴田(3年)が8回にホームランを打たれるなどしましたが、7回までは3点に抑えており、

安定した投球を見せてくれました。打線が点を取ってあげたかったところです。

 西海学園戦では投手井上(2年)、橋間(3年)が無失点に抑え、打線では田川(2年)が三塁打、二塁打を打つなど

大量点を取ることができました。良いイメージでNHK杯に入ることができそうです。

 NHK杯は21日(土)にBigNで長崎商業高校と戦います(14:40開始予定)。優勝候補のチームであり、秋にも対戦して

敗れていますのでかなり厳しい相手ですが、生徒には全力を出し切って戦って欲しいと思っています。

 応援していただける戦いを見せられるよう頑張ります。

視聴覚 本校射撃部がTVで紹介されます

5月19日(木)18:15~ NIBのnews.everyで、

本校射撃部の森君が「ビームライフル日本一の高校生」

として紹介されます。

是非ごらんください。

グループ 令和4年度第1回生徒総会

5月18日(水)、第1回生徒総会を行いました。
討議は生徒会執行部・専門委員長・ホームルーム委員で行い全クラスにオンライン配信する形で実施しました。議題は以下のとおりです。

1.令和4年度専門委員会活動目標
2.令和3年度生徒会決算・令和4年度予算報告
3.生徒総会議題:「南高をよりよくするために」
  Ⅰ学校への要望
  Ⅱ生徒への提案
4.その他「生徒評議会」で出された要望

「部活動着での下校について」や「生徒の意見を校則に反映させる仕組みづくり」について意見を出し合いました。

PTA総会・学級懇談会(1・2年生)・進路講演会(3年生)

5月14日(土)、令和4年度PTA総会を開催しました。感染症対策のため、3年生保護者のみ情熱館にて総会を実施し、1・2年生の保護者は各教室で配信動画視聴、さらに各家庭にオンライン配信という形で実施する予定でした。
突然のネットワークエラーにより動画を配信することができず、1・2年生の保護者、オンライン視聴を予定してくださっていた保護者の方には大変ご迷惑をおかけしました。資料をご確認いただき、質問やご意見は学校までご連絡ください。

PTA総会終了後は、1・2年生は学級懇談会、3年生は進路講演会を開催し、学年やクラスの現況報告や進路等の情報提供を行いました。

【 PTA総会 】

  

【 学級懇談会 】

 

【 進路講演会 】

 

体育・スポーツ 【野球部】練習試合(GW)

 代休も含めて9日間の休みがあったGWですが、3日間の休みを入れながら、佐世保工業(2日間)、島原農業、

大村工業、宇部工業、長崎北と練習試合を行いました。結果的には負け越しましたが、負けた試合では1,2点差の

試合も多くあり、全体的には大きく崩れることなく安定した試合運びを見せてくれました。

 投手では柴田(3年)が安定感を増してきました。橋間(3年)、井上(2年)は調子が良くないながらも

大きく崩れることなくゲームをつくってくれました。宮本(1年)は1年生ながらも落ち着いたピッチングを見せ、

これからが楽しみです。

 野手では打撃練習が充分できていないこともあり、まだ本調子ではありませんが、1~4番の久我(2年)、

田川(2年)、井上(2年)、原田(3年)はコンスタントに結果を出しています。下位打線では山口(3年)が

いいところで打ち、GW後半には田端(3年)が続けて長打を放つなど調子を上げてきている印象です。

1年生では宮本や濱田がそれぞれ捕手で出場し、いいプレーを見せてくれました。

 試合以外でも佐世保野球場やBigNで練習することもでき、有意義なGWとなりました。

  

 

 また、BigNでの練習の際に、NCCの「夢は甲子園」の撮影がありました。

【陸上部】第2回県記録会 結果

4月30日(土)~5月1日(日)に、トランスコスモススタジアム長崎(諫早市)にて、第2回県記録会が実施されました。

高校総体の選手選考の参考となる大会とあって、チーム内でライバル心が燃え上がりました。

8位までの入賞者と、B決勝(9~16位)進出者は以下のとおりです。

 

【男子】

100m決勝 1位 植松 康太(2年)    100mB決勝 2位 達木 英弥(2年)

200m決勝 1位 植松 康太(2年)   決勝 8位 達木 英弥(2年)

400m決勝 4位 橋本 陸央(2年)   決勝 5位 荒木 椋翔(3年)

800m決勝 7位 關 誉(3年)

走幅跳    7位 山口 遥椰(1年)

【女子】

100mB決勝 4位 松元 華楽(2年) 100mB決勝 7位 武岡 美玖(3年)

200m決勝 2位  渡邊 陽(3年)

400m決勝 1位  渡邊 陽(3年)

400mハードル決勝 1位  渡邊 陽(3年)

砲丸投 4位 草野 美夕(2年)

円盤投 1位 草野 美夕(2年)

やり投 6位 津田ひなた(3年)

 

【水泳部】令和4年度第15回長崎県高等学校春季水泳競技大会 結果

4/29(金)昭和の日に長崎市民総合プールにて、今年度の春季戦が実施されました。

(男子)自由形200m 第3位 吉永勘壱

(女子)自由形50m  第2位  柿原柴乃

    自由形100m 第1位 柿原柴乃

    背泳ぎ50m  第1位  吉田形優花

    個人メドレー 第3位  山本うた

 

【陸上部】ながさきリレーカニバル 結果

4月23日(土)にトランスコスモススタジアム長崎(諫早市)にて、ながさきリレーカニバルが実施されました。

高校総体のリレー競技を見据えてのレースとなりました。雨の中ではありましたが、男子の4×100mRは目標タイムを出すことができました。女子リレーでは多くの課題が残りましたので、高校総体までに改善していきます。

8位以内の結果は以下のとおりです。

【男子】

4×100mR (西村3年、達木2年、植松2年、橋本2年) 1位 41秒75

4×400mR (橋本陸2年、西村3年、荒木3年、植松2年) 2位 3分19秒84

走幅跳 栗山真幸 2年 8位 6m32

【女子】

4×100mR (原1年、渡邊3年、川脇3年、松元2年) 8位 55秒25

4×400mR (渡邊3年、松元2年、原1年、川脇3年) 2位 4分03秒47

砲丸投  草野 美夕 2年 3位 10m05

にっこり 歓迎遠足

新入生歓迎遠足を行いました。
新しいクラスの仲間と親睦を深めながら、市民の森までゆっくり歩きました。
到着後は、新転任の先生方のパフォーマンス(南高デビュー)や生徒会と有志によるバスマナー寸劇、吹奏楽部による演奏などの歓迎行事を行い、大いに盛り上がりました。
感染症対策に注意しながら昼食をとり、自由時間いっぱい楽しい時間を過ごすことができました。

  

  

【陸上部】第1回県記録会 結果

4月17日(日)にトランスコスモススタジアム長崎(諫早市)にて、第1回県記録会が行われました。

 2022年度、チームとしては第1戦目ということで、緊張感がある中での大会でしたが、17名出場中9名が自己記録を更新し、今シーズンの良いスタートが切れました。

8位以内またはB決勝(9~16位決定レース)の成績は以下のとおりです。

 

一般・高校男子100m 1位 植松康太(2年) 10秒63(自己新)

               3位 達木英弥(2年) 10秒87

一般・高校男子300m 5位 橋本陸央(2年) 35秒76(自己新)

一般・高校男子800m 7位 關誉(3年)    2分01秒78(自己新)

一般・高校女子100m 6位 松元華楽(2年) 12秒87 

               B決勝3位 武岡美玖(3年)13秒04(自己新)

一般・高校女子300m 5位 川脇蓮華(3年) 43秒34

中・高校女子円盤投  1位 草野美夕(2年) 36m29

高校女子砲丸投    3位 草野美夕(2年) 10m81(自己新)

一般・高校女子やり投 6位 津田ひなた(3年) 30m72

 

 

音楽 【吹奏楽部】新体制で新たな南高サウンド初日♪

こんにちは!吹奏楽部です!コロナ対策の中、工夫した部活動勧誘を行い、ドキドキの部編成を終えました。新入部員を迎え入れ、また賑やかに始まりました。毎年、どの子にどの楽器をしてもらおうかと悩ましいところで、全員を希望通りにとはいかない訳ですが、自己紹介で「何の楽器になっても頑張ります!」と言ってくれたなんとも頼もしい新入部員も居てくれて…涙。もうこれだけでチームメンバーとしては花丸満点ですよ!楽器が決まった後は、各パートに分かれて先輩たちが張り切って丁寧に1年生の面倒を見てくれていました。1年生たちも早速、楽しみながら必死に練習に取り組んでいました。最後にいつもチューニングで合わせる音と、その5度上(または4度下)の音を2つだけ、全部員で合わせてみました。3年生の学生指揮者が「今日、初めて楽器を持った人は、今、こうしてみんなと音を合わせて自分がその一員になった感動を忘れないでください。」と声かけをしていました。誰だって初日は初心者ですから大丈夫です!これから一緒に最高の南高サウンドを磨いていきましょう。最後にあまりの嬉しさに記念撮影しました。もうしっかりみんな最高の南高スマイルです。これからも応援、よろしくお願いします。

体育・スポーツ 【野球部】練習試合

 4/9(土)に鹿町工業高校と、4/10(日)に長崎南山高校、鳥栖工業高校と練習試合を行いました。結果は4敗でした。

厳しい結果となりましたが、投手陣に故障が出て登板制限をしており、全ての試合で野手も登板して失点が多く

なっている状況を考えると、仕方ない結果だと考えています。

 失点も多くなりましたが、得点も確実に多くなっており、平均すると1試合5~6点以上取れています。

2年生の久我、井上、平野、田川は長打も含めてコンスタントにヒットを出していますし、中学校で野球を

していない植木もきれいな右打ちでタイムリーヒットを打つなど、成長を見せてくれました。3年生では

中山、木村が右方向に長打を複数打っており、好調です。中山は初の三塁打も打ちました。(その後足がつる

というおまけ付きですが)

 守備では個々のレベルは確実に上がっており、個々のプレーではなく、中継プレーなどの連携面での問題が

目立ってきました。まだ問題はありますが、修正しようとする意識は見えていますので、これからの練習や

試合で修正していきたいと考えています。

 来週は16日(土)に瓊浦高校、17日(日)に川棚高校、佐世保北高校と練習試合を行う予定です。

 

お祝い 令和4年度 入学式

令和4年度入学式を行いました。入学許可を受けた240名が62回生として南高の仲間入りをしました。
新入生を代表して1年1組の六倉聡杜くんが宣誓を行い、在校生を代表して3年1組の石脇芙海さんが歓迎の言葉を述べました。
62回生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
『気魄と情熱』を胸に、勉強や部活動、学校行事、様々なことに主体的に取り組んでください。これからの3年間で、心も体も大きく成長することを期待しています。

  

 

令和4年度 新任式・始業式

小野下校長先生をはじめ8名の先生方を迎え、令和4年度がスタートしました。
始業式では、『自ら学ぶこと、日々の学びを大切にすること、学びのスタンス(目標・実践・振り返り)』について校長先生から訓示がありました。コロナ禍で先の見えない時代ですが、生徒、教職員、みんなで支え合いながら南高での学びを進めていきましょう。

  

うれし泣き 後藤校長先生ありがとうございました!

本日、高体連理事長皆良田先生のエールと、ブラスバンドの校歌演奏、そして、たくさんの拍手に包まれて

後藤校長先生が南高から去っていかれました。

後藤校長先生の、今後益々のご活躍とご健康、ご多幸を南高職員・生徒一同心よりお祈りしています。

本当にありがとうございました!

体育・スポーツ 【野球部】試合結果報告

 3月30日に春の九州大会予選2回戦で壱岐高校と戦いました。結果は1-7で敗れました。

 左投手対策をしていたことが功を奏し、2回に國竹(新3年)のスリーベースヒットと山口(新3年)の

タイムリーヒットで先制しましたが、その後交代した相手投手に対してチャンスは作るものの得点を奪うことが

できませんでした。交代直後の3,4,5回にチャンスを作りながらも点を取ることができず、試合の流れを掴むことが

できなかったことが逆転を許すことにつながってしまいました。

 投手の柴田(新3年)は序盤から制球が定まらず、我慢の投球でしたが、四球やエラーから失点を重ねてしまい

ました。故障明けで練習試合を含めてまだ数試合しか投げられておらず、なかなか調子を掴めてない状況です。

これからNHK杯や夏に向けて試合を重ねる中で調子を上げていって欲しいと思います。

 これから新年度に入り、新入生も加わって改めてチーム作りをしていきます。もうすでに練習に参加している

生徒もおり、試合のメンバーに入ってきそうな楽しみな生徒もいます。上級生への刺激にもなるでしょうし、

チーム全体の戦力の底上げを図って行きたいと思います。

  

体育・スポーツ 【野球部】トレーニング&室内練習

 春の大会が近くなり、ジムでのトレーニングも少し内容が変わってきました。写真だと分かりませんが、

バリスティックトレーニングを行っています。筋肉を大きくすることが目的ではなく、軽い負荷のものを素早く

動かし、瞬発的なパワーを生み出すためのものです。この冬場に大きくなった筋肉を実際の動きに連動させるために

行います。

 26日は小浜高校と練習試合の予定でしたが、生憎の荒天のため中止となりました。もちろんグラウンドも

使えませんので、武道場を使ってスイングの確認やトレーニングを行いました。

 30日が春の大会の初戦です。壱岐高校とビッグNで試合をします。練習不足、試合不足は否めませんが、今できる

ことを全て発揮して戦って欲しいと思います。

 

3学期終業式・離退任式

3月24日、3学期終業式を行いました。校長先生から一年間を振り返って、「年度当初に掲げた『凡事徹底~時間・記録・感謝~』を継続できたかどうか。自己実現に向けて自分の生かせる能力を高め、日々努力を継続することを忘れないでください」と訓示がありました。

終業式後に離退任式を行いました。今年度は後藤校長先生を始め7名の先生方が離退任されます。各先生方から生徒へ最後のメッセージを送っていただきました。離退任される先生方、これまで本当にありがとうございました。

  

体育・スポーツ 【野球部】練習試合

 3月19日(土)に大村工業高校で大村工業高校、創成館高校と、20日(日)に諫早高校で諫早高校、長崎鶴洋・西彼杵

連合チームと練習試合を行いました。大村工業高校に4-3で勝つことができましたが、投手のやりくりが難しく、

野手の登板もあって他の3試合は敗れました。

 大村工業戦は投手柴田(2年)の制球が定まりませんでしたが、初回に先制されても我慢の投球で強打の大村工業

打線を6安打3失点に抑え、打線は先制された直後に本田(2年)の3塁打などで追いつき、試合中盤原田(2年)の3塁打から

作った数少ないチャンスで点を取ることができました。最終回には相手のミスと送りバントで作ったチャンスに

田川(1年)が犠牲フライを放ってサヨナラ勝ちを収めました。先制されても相手の勢いに飲まれず、守備から

我慢の野球ができたことが結果につながったと思っています。

 残りの3試合はエンドランでチャンスを広げて点数に繋げるなど、今までなかった新しい攻撃の形を見せる

ことができましたが、控えメンバーに守備のミスが目立っていました。ミスは仕方のないものですが、その後の

声かけやプレーで取り返そうという意識がもう少し欲しいところです。

 26日(土)には小浜高校と練習試合を行います。応援していただけるチームを目指してチーム一丸となって

頑張ります。